3月15日(金)

2013/03/15 9:03 に 学び場さくら塾 が投稿
代表&桜校リーダーの村田です。
本日は今年度最後の桜校の活動でした。
 
突然ですが皆さん、A4の用紙って半分半分に折っていくと何回まで折る事ができますか?
重なる紙の枚数を考えていくと、1回折ると2枚、2回折ると4枚、3回折ると8枚・・・・と増えていき、6回おると64枚になります。大体このくらいが実際に折ることができる限界です。
 
ではもしも紙を何回でも折ることができるとしたら、重なる枚数=高さは一体どうなるでしょう?
今回は紙1枚の厚さを0.1mmとして考えます。
10回折ると1024枚=102.4mm≒10cm
20回折ると約1024000枚=10240cm≒100m
22回折ると400mで東京タワーを超え
23回折ると800mで東京スカイツリーを超え
26回折ると6400mで富士山を超え
27回折ると12800mで世界最大の山であるエベレストを超えます!
 
とまあこんな感じの授業を今日はしていました。
小6、中2、高1と様々な学年の子どもに対して指導していたのですが、小学生には良い計算&単位変換の練習になり、中学生には累乗を具体的な道具として見ることができ、高校生には指数関数の考え方を理解してもらうための良い教材となります。また、エベレストの位置を地球儀で探したりなど、まさに学年・教科の枠を越えた授業が展開されました。
 
さくら塾では学生講師の工夫次第で、楽しい授業をたくさん行うことが可能です。
こんな授業をしてみたかった、こんな授業を受けたかった、と思ったそこの大学生!
左の総合窓口から連絡お待ちしています!!